日記・コラム・つぶやき

2012年5月31日 (木)

ブログ引っ越し

先日、「ニフティの会員登録をしていないのでコメントできない」とのメールが届きました。

ただでさえ少ない読者やコメントが、こんなことでさらに減るのは忍びない。
さらに、コメントしようと思っていただいたのに、ほんとうに申し訳ない。
との思いで、明日6月1日から、新たなサイトに引っ越しすることにしました。
我が家が借りているレンタルサーバー内のブログです。

http://petitfreebird.sblo.jp/

これで、自由にコメント可能のはずです。
ただ、使い勝手が悪いなどの問題が出てくれば、こちらに舞い戻ることもあり得ますので、こちらも生かせておこうと思います。
ということで、メインサイトからもリンクしていますので、今後は引っ越し先のブログをよろしくお願いします。

付録は、手乗りのヒムネキキョウインコ・クリームイノです。
可愛がるとこんなに馴れるのに、みんな過大な情報と先入観に支配されすぎですね。

12053103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

明日は「とりまつり」

さあ、明日は、やまと愛鳥会のとりまつりへ!
会員ではなく、単に部外者ですが、ハッとさせてくれる鳥が現れることを祈って、ちょっと出かけてきます。
具体的には、まさかのモモイロインコのルチノー、アカオクロオウム、クルマサカオウムあたりが展示されていたら最高なんですが…。
身近なところでは、アカクサインコやフィンチの中で気になるのがいればなぁ、と期待していますが、それもいるかどうか?

会場は、やまと郡山城ホールのすぐ東隣です。
会場で、福山雅治似の太っちょを見かけたら、ぜひ声をかけてください。
すぐわかると自分では思っていますが、もしかすると西田敏行のほうがより近いかもしれませんので、お間違いなく!
そのときは、「フリーバードさんですか?」と一声お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

長らくのご無沙汰でした

そろそろそろそろとは思いつつ、今になってしまいました。
ですが、すでに鳥たちは繁殖モード真っ最中です。
ということで、ぼちぼち状況を載せていくつもりでいます。

今年の第一目標は、中型インコ(セネガルパロットまたはアカクサインコ)の雛の顔を見ることです。

鳥飼いにとってますます世知辛い世の中になりつつありますが、鳥好き同士仲良くやっていけたらと強く思っていますので、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

オークション終了

いよいよオークションが終わりますね。
これで、鳥を迎える手段がひとつなくなるわけで、鳥好きにとってはますます厳しい世の中になります。
どうせ、どこやらからの圧力がかかっていたか、動物愛護管理法見直しの可能性を先読みしたのでしょうが、いともあっさり止めてしまうものですね。
「生体ならビッダーズ」と言った意味のPRをせっせとやっていたと思ったら、あっという間の変わり身の早さ。

そうは言っても、数年前に売り買いを合わせて数回お世話になったこともあります。
利用の仕方によっては、非常に便利な手段になりますので、存在意義は大きいと思いますが、運営していれば確かにいろいろ問題もあるでしょうね。
でも、DeNAから撤退の明確な理由が示されていないのが、すっきりしないし残念です。
これまで、鳥を介して儲けさせてもらった以上、そのあたりをちゃんと伝えてからにすべきだと思いますが…。
プロ野球に進出する東証一部上場会社が、御上に目をつけられるようなことはできないというなら、それはそれで正直に言えば良いこと。
言わないよりマシです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

皆既月食

11121001

皆既月食が始まる頃は、空一面雲に覆われていましたが、粘り強く待ったかいがあって、23時40分頃にはそれがまるで嘘のように…。

澄み切った寒空に浮かぶ皆既月食は、少々感動的でした。

見られるときに見ておかないと、人生何があるか分かりませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

杖と止まり木

11100201
今日、ダリアが咲き乱れる公園へ行ってきました。
やはりピンクの大輪に目が奪われましたが、品種名は忘れてしまいました。

11100202
偶然にも、せんとくんも来園していましたので、一緒にツーショット。
なかなかかわいい奴でした。

公園内で、剪定されたケヤキの枝が放置されていましたので、中型インコ用に持って来いだと思い、一枝を拾い、杖として歩いていました。
すると、杖を手に歩いていた老夫婦がすれちがうときに、あたかも仲間を見るかのような視線でわたしに微笑むではありませんか。
手持無沙汰だっただけで、ちょっと違うんだけど…。
せんとくんの横で、わたしが持っているのが、いずれ中型インコの止まり木となる予定のケヤキの枝です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

画像の無断使用

ある里親募集サイトで、我が家のインコ画像を無断使用された事実が発覚しました。

当ブログ、および、メインサイト"PETIT FREEBIRD'S"内の画像は、勝手に持っていかないでください。

そんな常識、言うまでもないことですが、無断使用、しかも、利益目的のためにあたかも自分の鳥のように使われていたとは…。ああ情けない。
わざわざ注意書きしなくても、そんなことするなよ。

わたしのサイト内で気に入った画像があれば、壁紙として使ったり、自分用の楽しみとしてときどき引っ張り出してニヤニヤするためでしたら、喜んで使っていただきたいと思っています。
が、このようなルール違反はいけません。言語道断です。

話が少し飛躍しますが…。
鳥飼いの中にも、卑劣なクレーマーもいます。
また、右から左へと、利益目的のための材料としてしかみていないブローカーとも言える人もいます。

このような人たちを含めて、鳥の飼育自体を楽しんでいるとは到底思えない人たちとは、一切関わり合いたくないものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

夢を再びとはいかず

今日の午後は、仕事も上の空で母校の応援。

我が母校・奈良高校の野球部後輩たちは、ちょうど20年前の選抜大会で、開校以来初めて甲子園球場の土を踏みました。
わたしの知る限りでは、それまで県内で強豪校と言われた経験が全くなく、卒業後も弱小野球部の伝統はしっかり守っているはずだとばかり思いこんでいましたので、わたしにとって後輩たちの甲子園出場はまさに青天の霹靂でした。

当時、野球部OB会さえ存在しませんでしたが、急きょOB有志の働きかけでOB会結成。そして、結成式、壮行会などを経て、決選の日はチャーターしたバス数十台(?)に乗りこんで、応援に繰り出したものです。

そして、あれから早20年。またまた甲子園出場のチャンスが巡って来たのです。

ただ、準決勝の相手は、相手に不足のない智弁学園。不祥事のため不参加の天理がいない県大会では誰もが認める優勝候補です。

なでしこジャパンのこともあるので、大いなる期待を持ってテレビ前で応援していましたが、やはりレベルの差は歴然で、7回コールド負け。はかない夢で終わってしまいました。

でも、テレビを見ていて、スタンドで応援するユニフォーム姿の野球部員の多さには驚かされました。現在部員が78人もいるとのことで、ベンチ入りの人数程度だったわたしたちの頃とは雲泥の差です。

これなら、近い将来もう一度甲子園のスタンドで狂喜乱舞して応援できる日が来るのを期待しても良さそうです。

ところで、鳥の話ですが…。

ビセイインコ:ブルーオパーリン♂、ブルーパステルオパーリン♀

ヒムネキキョウインコ:クリーム、シナモンターコイズ(?)など数羽(すべて性別不明)

いずれも手乗りではありませんが、今春産まれの若鳥です。

若干羽数オーバー気味ですので、お好きな方にお譲りしようと思います。
暑い間は、奈良県北西部近辺での直接手渡し限定ですが、ご希望の方はメインサイトに記載のメルアドまで連絡をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

こんなときこそ

こんな芸達者なコバタンがいたらすごく楽しいでしょうね。

白色オウムもイイなぁ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

がんばろう日本

ご無沙汰でした。

打たれ弱いというか、東北関東大震災の悲惨な状況を目の当たりにして、書く気さえ失せていました。

すでに大震災から半月以上。

その間、被災された方たちが毎日テレビに映し出されていましたが、感じたことは、「何と強い人たちなのか」ということでした。
「ありがとうございます」、「ありがたい」などの言葉が、なぜそんな状況で言えるのか。

家族、友人、家などすべてを失ったばかりだというのに…。何もない避難所暮らしなのに…。

それこそ想定外の言葉に、自分の小ささとともに東北人いや日本人の底力を強く感じさせられた日々でした。

どんな現実でも受け入れる、強くたくましい人たちに対して、何もかける言葉は見当たりませんでした。

むしろ、強く励まされました。

海外からも、応援されています。

「頑張れ日本、頑張れ東北」、「不屈の日本」、「日本の“ネバー・ギブアップ”精神」、「Pray for Japan」…。

もちろん、日本全体が応援しています。

被災された方たちに心を寄せる。

そして、自分に何ができるのかを考え、それを実行する。

今は、それしかありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧